お金を借りると勝負の流れに変化が起きる

20 6月

お金借りるために即日融資が出来る会社を探しました

Posted in on 20.06.15 by Merlyn

人が生活をしていく中でいろいろな物を購入したり、いろいろなサービスを受けたり、お店に行って食事をしたり、いろいろな場所に遊びに行ったりします。
これらのことをするために時にはお金借りることがあります。
なぜなら人に対してサービスを提供している事業者は人に対して無料でサービスを提供しているわけではなくお金の支払いと引換にサービスを提供しているからです。

そのため生活をしていく中でいろいろな場面でお金が必要になってくるので常にある程度のお金を持っている必要があると言えます。
しかしあまりお金を持っていない時でいろいろな事情により急にお金が必要になったりする場合がありますが、このような場合でも私は困ることはありません。
なぜならお金を持っていない時に急にお金が必要になっても金融機関からお金を借りることによってお金を調達することができるからです。

またお金を借りるための金融機関はいろいろありますが、その中でも即日でお金を借りることのできる金融機関もあるのですぐにお金を借りることができるので明日までにお金が必要になっても問題ありません。
そして急にお金が必要になった場合でお金を借りるために利用する金融機関は消費者金融がお勧めです。
なぜなら上記に書いたような即日融資をしてくれるのですぐにお金を借りることができるからです。

即日融資の指南書

また消費者金融はその他にもパートやアルバイトなど非正規で働いている人でも利用することができたり、手続きの仕方がいろいろあるなどのメリットがあります

私みたいに複数の消費者金融と契約をしていると、貸出枠の審査はなぜそういう結果になるのか分からないことが多いです。
理由は教えてもらえないので想像するしかないのですが、お金借りるときに総量規制の枠が関係しているためだと思います。
A社の後にB社と契約して、付き合う会社を二つ作りました。
問題なくやって来たのですがB社から契約してから数年経ったので年収証明を再度送ってくれと言って来たのです。
言われるままに年収証明を送った数日後、B社から以前より収入が増えているからもっと貸せますので枠を大きくしませんかと連絡がありました。

これはいい話と枠を増やすのを了解したのですが、ある日A社の貸し出し枠がゼロになっているのに気づきました。
慌ててA社に連絡したら審査をやり直した結果お金は貸せない、理由は言えないとのことでした。
それまでA社にはお金を借りてもきちんと利子をつけて返しトラブルは一度もありませんでした。心当たりがあるとすればB社の枠を大きくしたことです。

B社の枠だけで年収の1/3になっていたのです。
もしかしたら、B社の枠を小さく再設定したらA社の枠も復活するのではないかと思いますが、もし予想と違っていたらB社の枠が小さくなっただけになって、虻蜂取らずになってしまいます。
消費者金融の横のつながりも、びっくりですが、このままではB社が私と取引ができて儲かるチャンスが増えるのに対し、A社は私との付き合いを断って収益の機会を失います。A社にとっては損な話と思いますが、どうしてこのような結果になったのか、プロセスがどうなっているのか知りたいと思っています。

お金借りるために即日融資が出来る会社を探しました はコメントを受け付けていません。